So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

映画化! [書籍]

マルドゥック・スクランブル が 映画化になります。
と、先ほどニュースに載っているのをみて、いよいよなんだ〜と小躍り状態です。

早川書房から出版されている、SF小説ですが、作者の冲方丁さんはとても才能のある方で。
ほかにもライトノベルズ、時代小説、アニメ原作、ゲーム原作と多岐にわたる作家活動をおこなっています。
特に有名なのは、本屋大賞を受賞した「天地明察」ですが、この時代小説を読んでからSFを読むと、全然感想がちがうと思います。
個人的にはどっちも好きなんですが、キャラクターがわかりやすくなっているのは天地明察かしら。
SFは、とっかかりにくいと知り合いの女性陣には不評でしたから。
(私には、よくわからないんですが。文章に多少癖があるのかしら?)

私が一番最初に冲方さんを知ったのが、このシリーズなので思い入れが濃いです。
あ〜金のネズミどう映像化されているんだろう?とか、いろいろ頭を駆け巡ります。

11月に公開とのことなので、すっごく楽しみです!!

(Macからの書き込みだと、どうして巧くニュースサイトのURLがコピーできないのとAmazonの差し込み機能が動かないです。Safariにも対応してくれると嬉しいんだけどなぁ……)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

マンガ家さんの作画風景 [書籍]

以前紹介のしたことがある「もやしもん」の作者の石川雅之さんが、作画をウエブで生中継しているのを知りました。
Goodアフタヌーンで連載中の「純潔のマリア」の作画中継予定だったそうですが、今週末は「もやしもん」の締め切りのため、マリアの作画を一時中断して(?)もやしもんを描くそうです。

閲覧されたらそのまま終わってしまう(立ち読みされてしまったら売り上げにならない)お仕事なのに、セリフを入れていないといっても、絵が見れてしまったらある程度続きの内容がわかってしまうであろうに、生中継。
すごいな~と感嘆しました。
ツイッターなどで書き込んでいる人たちの何分の一かの人が、本当に書いてあるように購入するとしたら、全く新しい読者を作れたって意味で成功だと思うのだけど。そうなるかは掛けだし。

作家さんが一人で孤独に作業しているのを、何千という人が(私がみてたときは8000人超えました)同時に見ているという、奇妙な空気感の共有が面白かった。

そして、作画自体も、本当にすごいんです。
生原稿を見たことがありますが、本当にきれいなの。
アシスタントさん使ってないから、全部一人で書いているんだ!!
と吃驚したけど、一人じゃないと描けない絵って感じももちろんするし。それが、こうやって作られたんだというのがわかって楽しかった~。

と、いうことで21日まで「もやしもん」「純潔のマリア」のいずれか(運が良ければ両方)の作画がみれます。
もし、興味を持ったらぜひ購入してみてください。
あんなに手をかけて作ってるのに、本になって私たちが見るのは一瞬なんだと、実感できると思います。

http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/13872


純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)

純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)

  • 作者: 石川 雅之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/02/05
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

いまさらの史記 [書籍]

Image168.jpg





読み始めました~
といっても、北方先生の武帝紀ですが。

あまりにも男しか出てこない話しで、よみやすいのですが、少し淋しい(笑)

長い史記のかなでも最後のほうのお話ですが、北方テイストで大変楽しいです。
早く続きが読みたい~

史記 武帝紀〈1〉

史記 武帝紀〈1〉

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

最近の読書 [書籍]

長めの夏休み中、本をたくさん読んでいます。
マンガから、映画原作と本当にさまざま。いつもは読まないHowTo本まで読んでて、少し頭が疲れ気味かも。
そんな中から、お勧めの3冊です。

まずは友人に勧められた2冊。
西の魔女が死んだ」と「村田エフェンディ滞土録」を読みました。
これ、それぞれ別の人から勧められたんだけど。
私の読める本がわかってるんだなあ、って感じ。友人はありがたいな。

この梨木香歩さん、女性作家さんなのに(失礼)主軸がぶれないので読んでいて安定する。
文章の優しさと、たまにでてくる鋭い切り込みなども読んでいて、いい引っ掛かりになりました。
両作品とも、懐かしい空気を含んだ、でも心がほっこりする文章。
転職活動につかれて、少し長い夏休み中の私に、ピッタリでした。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 文庫



村田エフェンディ滞土録

村田エフェンディ滞土録

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/04/27
  • メディア: 単行本



そして、ギャグ漫画。聖☆おにいさん
若干の宗教知識が必要とのコメントもあるんですが、私くらいわかってない人が読んでもわかるので、一般教養程度でいいのではないかしら?あ、宗教に思い入れがない人のほうが笑って読めるのかも?
世紀末を無事のりきった、キリストとブッタが現代の立川で休暇をすごしているというコンセプトのゆるゆるマンガです。
疲れた時に読むと力の抜けた笑いが出る感じ。
あ、2巻がでてる・・・買わないと・・・。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

  • 作者: 中村 光
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: コミック



nice!(1)  コメント(2) 

萌を説明する!(英語で秋葉原を紹介する本) [書籍]

ネットニュースで面白い記事を発見。
秋葉原英語で説明する本。
萌を説明する本ですよ!!(誤解?)
まだ読んでないので詳細はわかりませんが、興味津々。
以前のSo-netブログのサルでもわかる英語blogを読むようにしているのですが、
こっちも買ってみようかしら?
まずは、本屋さんでチェックかなあ。


英語で秋葉原を紹介する本(Guiding Your Firends Around Akihabara in English)

英語で秋葉原を紹介する本(Guiding Your Firends Around Akihabara in English)




nice!(0)  コメント(0) 

もやしもん [書籍]


もやしもん6巻限定版 ぬいぐるみ付き

もやしもん6巻限定版 ぬいぐるみ付き

  • 作者: 石川 雅之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/02/22
  • メディア: コミック



予約を忘れて、購入できないと思っていたら、大型書店で、最後の一個をゲット!
オリゼーかわいい!
かわいい!!

と、いうことで、オススメ本はもやしもん六巻。
フランス編…かな?(これから読みます)

Image009.jpg
nice!(1)  コメント(2) 

ミステリー [書籍]

基本的に、本は何でもノンジャンルで読みます。
が、脳みそが難しくできていないので、漢字が多い論文物は苦手です。
かといって、ひらがなばかりの携帯小説も読めないんですが・・・(意外に好き嫌いがあるか)
そんな私がすらすらと専門用語ばかりの医療ミステリーを読めたのは、わかりやすいことと、キャラクターが良かったこと。

嫌いだなあ~こんな同僚欲しくないなあ。ましてや上司には絶対嫌(笑)>白鳥

と、同僚と笑いながら読めたのです。
チーム・バチスタの栄光
続刊も発行されているので、書店で見かけることも多いと思いますが本当に読みやすいのでお勧め。
丁度文庫も出たようで、通勤時に読んでみるのも一興。
白鳥のロジックを読んでいると、止めることができずに電車を降りそびれるのが問題だけど(笑)
ミステリーとしても上質です。が、あえて、キャラクターで読んでください。まじめに楽しかったです。

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光


nice!(0)  コメント(0) 

honnin [書籍]

昨年に創刊された、本人たちによる発行のhonnin。
いみ分からないですか? いいんです。
雑誌を読んだ人だけがわかれば(笑)

結構、趣味な執筆陣なので、購読しているのですが、今回はバタバタして買いのがすかと思いましたよ。
今回から、しょこたん がマンガ掲載開始なので、必読モードだったので焦りました!
何とか、無事購入して一安心。
内容は、これからゆっくり読むとして、楽しみです〜

hon-nin vol.04

hon-nin vol.04

  • 作者: 中川翔子/宮藤官九郎/安野モヨコ/吉田豪/本谷有希子/峯田和伸/中村うさぎ/池松江美/せきしろ/町山智浩/天久聖一ほか
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2007/09/08
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

マンガ喫茶の変貌 [書籍]

最近マンガ喫茶がすごいことになっていると、友人から聞きちょっと探検へ。
友人は、渋谷のマンガ喫茶で、3Dネイルアートをしてもらったといい、別の友人はソフトクリーム食べ放題とほくそ笑んでいる。
私のイメージって、タバコくさくて雀荘一歩手前の、すごく汚くてくさいイメージしかなかったんだけど(碁会所のイメージもこれなんだよねえ)そんな話を聞くと、えええ?と思うじゃないですか。

で、いってきました。
場所は銀座。
なんと、炭盤浴まであるお店。
今回は炭盤浴や、ルーシーダットンは、やりませんでしたが、受付のあるオープンスペースはきれいだし感じがいい。
待ち合わせに最適って感じ。
今度は、健康美容のために炭盤浴にチャレンジしてみます。

あ、でもその前に渋谷の3Dネイルもやりたいなあ。
こちらも場所を調べたらUPしましょ。(備忘録がわりです)

アプレシオ 銀座店


nice!(0)  コメント(0) 

もやしもん(マンガ) [書籍]

すでに4巻まででているので、ご存じの方も多いのでは?
可愛い菌たちが見える少年(大学生だから青年か)のお話ですが、主にお酒の話しです(笑)
もともと、タダの酒ずきなのですが、この本を読むといっそうお酒にかわいらしさを感じます。
そのうち自分で作ってしまいそうなくらい。
発酵食品やお酒の好きな方に一度は読んで欲しい本です。
(会社で課題図書にしちゃったもんね)

もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1)

もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1)


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。