So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

マンマ・ミーア [映画]

毎月1日は映画1000円の日なので、がんばっていってきました!
うっかりみちまった「7つの贈り物」は、ものすごく胸糞悪くなったので、口直しにとメリルストリープがでている「マンマ・ミーア」をゆっくりとみてきました。
(ウィル・スミスは鬼門のようです。あの宗教くさい押し付け感満載の偽善映画は……穴だらけだし楽しくない。病気の人の変質的な善意の押し売りって気持ち悪い以外の何物でもないのだけれど。あれを感動っていうのはいかがなものかな?)

メリル・ストリープはキュートだし、娘役のアマンダが冗談じゃなく可愛い!
女同士の友情も、親娘愛も満載で、心が疲れ気味の時にはぜひ見て下さいという元気がでる映画でした。
ヨーロッパから帰国した友人が、劇団四季のマンマ・ミーアをみて、
「衣装もチープでダサダサだし、どこの中学生の学芸会?って感じで歌も踊りも最悪でストーリーも面白くない」
と言いきっていたので、内容はどうでもいいや、ABBAの曲をきけて、メリル・ストリープが見れれば。
さらに、年取ったピアーズもいい感じじゃないか?と期待しないで見たのでよかったのかもしれません。
底抜けにバタバタとして明るくて、観た後も元気が残るそんな感じの映画でした。
個人的には、娘の結婚式までのドタバタは娘と恋人の間でもっとあるほうがお話がわかりやすいだろうに、とも思ったけど。時間的にはこんなものかも。
テンポがいいので、もう少し長くしっかりと人間を描いてもよかったか。
TVドラマで11回とかあってもいいな(笑)
DVDでたら、特典ありなら買うでしょう!という映画でした。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。